戦乙女さん

 暗く、落ち込んだ路地に彼女はいた。彼女の持つ不思議な羽と剣から、光の粒がきらきらと舞い落ちていた。
 その姿に少年は釘付けになった。全く光の刺さない路地に、燦然と輝く少女。幼き日、憧れた姿をした。

大きい版

Photoshop CS5・SAI
17・0408






inserted by FC2 system inserted by FC2 system